助かったけど車は大破。交通事故の発生は60秒に1件!

公共交通機関が発展する埼玉県でも、やはり車は日常生活に欠かせないものです。

多くの車が走る日本の交通事故件数は年間49万件と言われています。

言い換えると「60秒(1分)に1件」、日本のどこかで交通事故が起きているのです。

怪我をする事故例に比べると死亡事故にまで至る事故例の割合は少ないのですが、どんな事故であれ車への被害はあります。

中でも多いのが運転手の命は助かったけど車は大破=廃車になってしまうケースです。

怪我の治療・後遺症への対応の関わるお金については、加入している自動車保険からもらえる保険金を割り当てることができるのですが、事故後にはもう1つ困ることがあります。壊れた車の修理です。事故の大きさによっては処分も検討しなければなりません。

保険金だけで解決できる問題とは限らなため、多くのドライバーを悩ませます。

原型を留めていないほど壊れた車を修理すると修理代が高額になります。しかし、事故車を売ろうにも思ったほど高く売れないかもしれないと不安になります。

壊れた車の処分の悩みを解決したい方のために、交通事後に巻き込まれて壊れた車の処分方法を手段ごとに紹介しましょう。

【事故車の処分方法:その1】廃車処分せずに修理して乗る。 [コスパ★☆☆]

正しくは処分というよりも修理になります。車の損壊程度によりますが、軽度の範囲であれば修理して乗ることが可能です。通常はこの選択をする方が多いでしょう。

塗装を塗りなおす・破損バンパーの取り換え・板金パーツの修理で対応できるのであれば、10万円程の予算になります。

しかし事故の大きさによっては、簡易的な修理では対応できなくなります。

・小範囲の交換・修復では対応できない大きな変形・破損
・修復できないほどの損壊で、大部分のパーツを交換しなければならない。
・交換対象になるパーツが運悪く高額なパーツだった。

ほかにも考えられることはあるでしょうが、ちょっとした交換や短時間で修復できる範囲を超えてしまった場合は、修理費が100万円以上かかることもあります。

大規模な修理となれば新車購入時と変わらない費用になったり、いっそのこと新車を買い直したほうが安い場合もあるのではないでしょうか。

こうなってしまうと、まともに高額な修理費を出して事故車を修理する意味が感じられません。

人間で言うところを大けがをした車は、完全な修理が難しいのです。事故後の後遺症が残るのは車も同じで、運転に支障が出る危険性もあります。

自分の車が壊れるだけで済んだ事故。その事故で壊れた車を修理して乗り続けた結果、予期せぬ運転の支障が原因で別の事故を起こし、今度は無関係な人まで巻き込む事故になってしまう死亡事故になることも考えられます。

新たな事故を起こしてしまう可能性もるので、本当に修理が正しい選択なのか検討しましょう。

【事故車の処分方法:その2】専門店に買い取ってもらう。[コスパ☆☆☆]

中古車買い取りを実施している店及び専門店はありますが、それらは大前提として「事故車は対象外」となっています。

中古車の広告・注意書きにも必ずと言っていいほど「事故車の買取はお断ります。」と書かれています。店側としても事故車を取り扱わないことで、安全な中古車しか販売していないことをアピールしたいのです。

このことから分かるように、修理・販売後のリスクを背負ってまで事故で壊れた車に高値を付けて買い取ってくれる専門店はありません。

それでも売りたい人はインターネットで買取店を調べていけば買い取ってくれる店もありますが、無料引き取りよりもまし程度の安値の査定しかされません。

安くでも査定されるならまだいいでしょう。中にはどうにかして買い取ってもらおうと事故車の買い取りを頼み込んでも買取拒否される店も多くあるのです。
修理費が割に合わないほど壊れた車を買い取っても、店側には何もメリットはないので買取拒否されるのです。買取側のこの考えは大手・個人経営に関係なく同じです。

運よく買取OKのお店を見つけたとしても、2万円~3万円程度にしかならないことも。しかし、買い取ってもらえるだけまだましでしょう。有料引き取りを言われることもあり、余計な費用がかかることがあります。

[ひとくちコラムvol.1]事故車販売は赤字になる?


中古車の買取を専門とする業者は、基本的に事故車の買取は行っていません。

損傷範囲がメインフレームにまで及び、修理に手間と費用がかる事故車を好んで買い取る業者は一般的に存在しないでしょう。

致命的な部位にまで損傷が及んでいない事故車、軽度の事故に巻き込まれた事故車であれば、それらを考慮した価格で買い取ってもらえることはあります。

けれどもこれは、専門店への売却時に修理が完了していることが条件です。事故を起こしたあとの事故車を壊れたままで買い取ってもらうことは難しいでしょう。

中古車買取の専門店への売却は、修理費を含めて考えるなければなりません。事故車の程度によっては高額な修理費がかかり、販売価格を引いたら赤字になることも多いです。

事故車を中古車の買い取り専門店に売ることは、コストパフォーマンスの面からおすすめできません。

【事故車の処分方法:その3】修理をあきらめて廃車手続きをする。[コスパ★☆☆]

「事故に巻き込まれた車の修理費用が高額なために修理を諦めたい。」「中古車の買取専門店は、売れたとしても修理費用で赤字になる。」

修理費のコストパフォーマンスに悩んだ結果、廃車の選択をする方もいるでしょう。

事故にあった車の中には損傷が酷いもの多く、「見た目からして修理できる範囲を超えているのではないか?」と考えて廃車を決める人もいるかもしれません。

廃車もタダではできません。大掛かりな修理を強行した場合に比べれば安いですが、約1万円~3万円の廃車費がかかります。

スクラップ工場によっては廃車手続きの中でスクラップ料金として約5千円の費用がもどってくることもありますが、事実上の廃車費の割引のようなものです。

修理が困難な事故車は廃車にすることも手段の1つではありますが、ほかに手をつくした後に考えましょう。

[ひとくちコラムvol.2]本当の価値では売れない?廃車買取専門店


基本的に廃車は売れないと書きましたが、例外もあります。それは廃車の買取を専門として行っている業者の場合です。廃車の買取専門店は廃車を解体してパーツ単位での売却を目的としているからです。

廃車の買取専門店であれば通常5円程度のスクラップ費用が、10万円以上になることがあります。ここまで話をきくと廃車買い取り専門店がお得にきこえますが、持ち込まれた事故車には隠れた価値が見つかることもあるのです。

廃車の買取専門店ではなく、事故車の買取専門で「事故車の価値」を査定してもらうと30万円以上、高い物になれば100万円以上の価値がつくことがあるのです。事故車買取の専門店のほうが高く売却できる理由については、次の項目で説明します。

廃車手続きを終えた後では、事故車買取の専門店に売ることはできません。

諦めて廃車手続きをする前に、事故車の買取専門に相談してみましょう。予想以上の査定結果になるかもしれませんよ。

【事故車の処分方法:その4】事故車の買取専門業者で売る[コスパ★★★]

事故で壊れた車からは価値は失われて今うのでしょうか?事故車が必ずしも無価値とは限りません。

そもそも最近の車は、ドライバーを衝撃から守るために壊れやすくできているのです。壊れることで衝撃が分散して、ドライバーへのダメージを軽減する構造になっています。

またこの壊れやすい構造には重要部分を保護する意味もあるで、エンジン等の重要部分は無事な場合が多いのです。

優れているのは衝撃対策の構造だけではありません。車そのものに使用される技術が進化するにつれて修理技術も向上しています。熟練した作業者が修理と整備を実施すれば、事故によって損傷した部分を事後前の状態まって修理することは可能です。

欠点としては、大破した事故車を修理するには修理費がかかることです。

この欠点を補えるのが事故車の買取専門店の特徴です。事故車を自社で修理するこができるので、廃車の買取専門点に比べて高値で事故車を買い取ってもらえるのです。

事故車の正しい価値を査定するため、事故車となった車の相場と損傷した箇所の状況を徹底的に調べます。調査後に出した価格から修理費を差し引いた金額が最終的な買取価格になります。

自社で修理する技術を持っている事故車の買取専門店ならではシステムです。

[事故車専門買取店のシステム]


事故車の査定を行う

事故の前の車の相場価格と修理費用を算出

「相場価格 - 修理費用」差額を事故車オーナーに支払い

自社工場とスタッフを使って事故車を修理

カーオークション等に修理した中古車として出品

中古車買取店に買取ってもらい利益を得る

【引用元:事故車高価買取.tokyo】

通常買取対象にならない事故車を修理して売りことができる事故車の買取専門店だからこそ、買取価格が高くなるのです。

[ひとくちコラムvol.3]事故車の売却額と保険金で新車が買える!?


自動車保険に入っている人であれば、事故にあって愛車が壊れたときに保険金を受け取れます。(ここでは廃車レベルの事故と想定します。)

事故後に手に入る保険金ですが、ある方法を併用すれば新車の購入費に手が届くとお気づきですか?それは事故車の買取専門店への売却との併用です。

仮に事故後に支払われる金額を100万円と仮定しましょう。(保険会社と事故相手から支払われる金額とします。)保険金だけでも100万円の車を購入することができますよね。

さらにここに事故車の買取専門店で売却した分の資金が加わるとどうなるでしょうか?

仮に50万で売却できたと考えましょう。

 保険金のみで新車を購入

+保険金 100万円

+税金還付 5万円

+廃車費用 -2万円


[合計] 103万円

保険金を元手に、最大で103万円の新車を実質無料で購入可能!

 保険金 + 事故車買取店で新車を購入

+保険金 100万円

+税金還付 5万円

+事故車買取 50万円


[合計] 155万円

保険金 + 事故車買取費用を元手に、最大で155万円の新車を実質無料で購入可能!

表を見れば明らかですが、事故車の買取専門店に売却した金額が追加される+50万円分があるので、保険金の100万円だけで買うよりも高い車を購入できるのです。

だからといって全額使い込めと言うのではなく、保険金の金額内で車を買って、事故車の買取専門店で売った分のお金は取っておくのも有りなのです。

[ひとくちコラムvol.3]事故車の売却額と保険金で新車が買える!?

自動車保険に入っている人であれば、事故にあって愛車が壊れたときに保険金を受け取れます。(ここでは廃車レベルの事故と想定します。)

事故後に手に入る保険金ですが、ある方法を併用すれば新車の購入費に手が届くとお気づきですか?それは事故車の買取専門店への売却との併用です。

仮に事故後に支払われる金額を100万円と仮定しましょう。(保険会社と事故相手から支払われる金額とします。)保険金だけでも100万円の車を購入することができますよね。

さらにここに事故車の買取専門店で売却した分の資金が加わるとどうなるでしょうか?
仮に50万で売却できたと考えましょう。

【引用元:事故車高価買取.tokyo】

表を見れば明らかですが、事故車の買取専門店に売却した金額が追加される+50万円分があるので、保険金の100万円だけで買うよりも高い車を購入できるのです。

だからといって全額使い込めと言うのではなく、保険金の金額内で車を買って、事故車の買取専門店で売った分のお金は取っておくのも有りなのです。

事故車の処分を考えたら、事故車の買取専門『タウ』に相談!!無料査定!

ここまでのお話で、事故車だからといって無価値とは限らないことは理解できたのではないでしょうか?事故車の買取専門店なら高く買い取ってもらえます。

では事故車の買取専門店はどこを選べばいいのでしょうか?

事故車の買取専門店で迷ったら、事故車の買取専門店『タウ』に相談しましょう。日本全国を対象に毎日100台以上の事故車の取引を扱っています。海外にも独自の販売ルートをもっています。

『タウ』は独自の<事故車買取のノウハウ+独自の販売ルート>を持つことで、事故車の高額買取を実行することができるのです。

実際にあった買取例とて平成19年式の「ハイエースバン」の事故車の例をあげると、エンジンとエアバックは正常、修理費は約120万円しかかからないと判断され、33万円の買取価格がつきました。

例の事故車は他の買取店では安値どころか買取拒否されていたのです。それが33万円で売れたのは、元所有者からすれば大きな儲けでしょう。

平成27年式の人気車種「セレナ」の例では修理費が約180万円かかる状態で、エアバックが使用不可になっていましたが、買取価格は83万円になったのです。

年式の古い車ではありますが、中古車としての当時(2017)の相場が120万円だったに対して、事故車に83万の買取価格がついたのは驚きです。

事故車の処理に悩んだら、高値で買い取ってもらえる『タウ』に相談しましょう。

[ひとくちコラムvol.4]水没車も買取可能な事故車の買取専門店『タウ』


日本は台風と大雨の多い国なので水害も多く報告されています。ニュースでも水没被害の映像は毎年見ますよね。台風や大雨の影響で住宅や車が沈んでいく映像をよく見かけます。

水没車は匂いが強く残って、壊れやすくなるデメリットから日本の中古車市場では嫌われ者扱として扱われていますが、海外では安価で買える中古車として人気者で「SUIBOTUSYA」と表記されるほどです。

事故車の買取専門店『タウ』は海外への販路があるので、日本の中古車の買取専門店では買取がつかずに困っていた水没車も高額買取してもるので『タウ』に相談しみてください。

Webでかんたん売却シュミレーションも可能!無料出張査定もOK♪

ある日突然他人事ではなくなるかもしれない事故車の悩み。

どうやって処分するのがベストなのかわからない人は、事故車の買取専門店の『タウ』で査定してみてはどうでしょうか?

査定にかかる時間はたったの20秒。事故車の買取専門店『タウ』のWebサイトでシミュレーションできます。

難しい入力は不要で、ゲーム感覚で気軽に査定できます。

もっと正確に細かく事故車の査定を希望の方には出張査定がおすすめ。工場に預けて修理中の車も無料で査定してもらえます。

事故車の処分方法は修理・買取・廃車がありますが、まずは事故車の買取専門『タウ』で最低依頼をしてもらってください。コストパフォーマンスに優れた売却が実現できます。

無料または低価格で処分しようと諦めていた事故車が、『タウ』に査定を依頼したら数十万円以上の買取価格になるかもしれませんよ?